冬の方がワキガが臭う!?汗もかかないのにワキガ臭が悪化する理由

 

実は冬の方がワキガの臭いがするなんていう話があるんです。

 

 

厚着だし汗もかかなそうだし、一見ワキガの人には良い季節のように思いますよね。
実際のところはどうなんでしょうか?

 

冬の方が臭いが強くなる『冬ワキガ』とは?

実は『冬ワキガ』という言葉があるのを知っていますか?

 

冬ワキガとは字の通り冬に臭いが強くなるワキガのことです。
普通のワキガとどう違うのでしょうか?

 

冬ワキガって何?どう違うの?

 

冬は汗をかかない分体内の老廃物が外に排出されません。
水分も夏に比べて摂らないことが多いので、脱水症状気味になり毛穴からの老廃物排出もできなくなります。

 

 

するとエクリン腺(水分の汗)の量が少なくなり、アポクリン腺(ワキガの原因の汗腺、たんぱく質などを含む汗)のほうが汗を出す量が多くなりワキガ臭がひどくなると言われています。
この臭いがひどくなった状態を『冬ワキガ』と言います。

 

冬ワキガがひどくなる原因のもうひとつに厚着があります。

 

 

寒いからどうしても厚着をしてしまうのはしょうがないんですが、実際ワキなどはかなり蒸れています。
そのためコートなどを脱いだときにモワーンとわきが臭がしてしまうのはこのためなんです。

 

どのように対策をしたらいいのでしょうか?

冬ワキガの対策はどのようにしたらいいのでしょうか?

 

 

 

 

冬ワキガの対策は通常のワキガ対策に加えて重要なのが『汗を出す』ということです。


 

普通の時期より汗をかきにくく新陳代謝が悪くなっています。
汗をかいてエクリン腺から汗を出すことにより、汗腺が開くのでアポクリン腺に濃い汗が出ることはなくなります。

 

 

汗をかく方法としては湯船に浸かったり、水分を多めに摂ることを心がけたりすることです。
じっくりと汗をかくまで少し長めに浸かることをオススメします。
半身浴やサウナもオススメです。熱いお湯に使ってもなかなか汗が出ないのでぬるめのお湯にじっくりと浸かるほうがいいです。

 

 

水分を摂ることも必要です。喉がなかなか乾かないという状態もあると思いますが、暖房の乾燥などで体は乾いている状態が続いています。
こまめな水分摂取と過度な暖房などもなるべく避けれるなら避けた方がいいです。

 

他にも気を付ける点としては厚着をしすぎないということも必要です。
厚着をしてしまうとどうしても汗が抜けにくく熱気がこもりがちで臭いを放出させてしまいます。
薄くて保温効果があり通気性のよいものを身に着けたり、腹巻やマフラー、手袋などを使用すると薄着でも寒さを感じにくくなります。

 

 

自分では気づきにくい冬ワキガ、きちんとケアしていきましょう。