ワキガとワキ汗臭の違いはあるの?臭いの違いとは

脇から臭いがする原因として『ワキガ』と『脇汗(多汗症など)』の理由があると思います。

 

 

どちらもワキから出る臭いで不快な臭いがしそうですが、ワキガとワキ汗臭のニオイに違いはあるのでしょうか?

ワキガとワキ汗の臭いの違いとは?

 

ワキガとワキ汗の臭いの違いはそもそも汗が出る汗腺が違うのです。

 

ワキガがはアポクリン腺から、その他の汗はエクリン腺から
その違いについて紹介していきたいと思います。

 

 

アポクリン腺からの汗の臭いとは・・・

 

ワキガはアポクリン腺という汗腺から汗がでてそれが菌と混ざることにより臭いを発生します。

 

アポクリン腺は脇の下・性器の周り・耳の中・乳首の周りなどに集中して汗腺があります。
毛が集中している部分にあるというのが特徴です。

 

アポクリン腺からでる汗はたんぱく質や脂質・糖分を含んでいるので白っぽい色をしておりサラサラしていません。
耳垢が湿っていたり、ネトッとした耳垢が出る人はアポクリン腺からの汗の分泌が活発な傾向がありワキガの可能性が高いです。

 

 

ワキガの臭いとしては、玉ねぎのようなツンとした臭い・鉛筆の芯のような臭い・洗濯物の生乾きの臭いなどに例えられることが多くどちらにしてもあまりよい臭いという印象をもっている人は少ないように思います。

 

脇以外にもアポクリン腺のあるところから臭いを発生しますので、陰部周辺の「すそわきが」と言われているものに悩む女性も多いと言われています。

 

 

エクリン腺からの汗の臭いとは・・・

 

通常の汗はエクリン腺という汗腺から出ます。

 

エクリン腺は全身に約230万個あると言われていて汗を出して体温調節をする役割があります。

 

エクリン腺から出る汗は99%が水分と言われていて残りは少しの塩分です。
汗が口に入るとなんかしょっぱいような味がしますよね。それはエクリン腺から出ている汗になります。

 

 

サラサラしているのが特徴で臭いもほとんどすることはありません。
ただ途中で菌と混ざることにより、汗くさいような臭いがすることがあります。

 

体温調節をする役割のある汗腺で暑いとき、熱がでたときなどに汗が出るのはこのエクリン腺からの汗ということになります

 

 

多汗症と言われる汗がたくさんでる病気の場合ワキの下のエクリン腺が活発すぎて汗が出すぎるという状態にあることを言います。
基本的にはエクリン腺から出る汗のことなんですが、ワキの下にはアポクリン腺もあるのでここで臭いが混ざってしまいワキガと多汗症を一緒に考えてしまう人も多いようです。

 

 

というようにワキガとワキ汗臭の臭いは違っていて汗腺がアポクリン腺とエクリン腺と違う汗腺から出ている汗だということを認識するといいと思います。